素直でおりこうさんな私の自慢の娘

春から小学校に通うようになった、私の自慢の娘。
素直で言うことを良く聞き、真面目で優秀ねと、周りからも褒められる良い子です。

学校で身体測定のある日は、学校指定の体操服を着て行きます。
長袖長ズボンの下に半袖短パンと、4枚の体操服を着せられ、もこもこして嫌じゃないのかしらと思ってしまうほどです。

この日は朝からとても寒く、冬用のジャンバーを着せたいぐらいでしたが、少し厚めの春用ジャンバーを着せました。寒いからチャックは上までしっかり閉めなさいといつもの通りに言って、送り出しました。
日中は気温が上がり暖かくなる予報でしたが、小学校はこの日はお昼で下校だったので、何も気にせずに登校させました。
ところが娘を送り出した後、9時10時と過ぎていくごとに気温はどんどん上昇し、昼頃には長袖では暑いと感じるほど暖かくなったのです。

小学校が午前で終わってくるので、下校途中の大きな交差点まで迎えに出ました。
そこには、日頃から町内会でお世話になり娘のことも小さい頃から良く知る方がお二人いらっしゃいました。
寒いと思って上着を着てきたけど、やっぱり陽が差してくると暑いね~などと世間話をしながら、子供たちの下校を待っていると、遠くから1年生の先頭集団が見えてきました。子供たちはほとんどが半袖になり、長袖を腰に巻いている子がたくさんいました。身体測定の時に半袖になって、暑いからそのまま下校してきた、と、ランドセルにジャンバーも長袖もつっこみ、パンパンに膨らませて背負っている子もいました。長袖の体操着を着ている子も朝に着ていたジャンバーを腰に巻いたり、手に持ったりしています。みんな「あっつ~い」と口にしながら歩いています。

1年生が次々と下校してくる中、遠くに娘の姿が見えました。

私の予想通りの格好をしています。
朝に送り出した時のままです。

厚手のジャンバーは顎のところまでしっかりチャックを閉めて、長ズボンの体操着で歩いてくるのが見えます。

「朝に出て行ったままの格好で帰ってきた」と私がつぶやくと、そこにいた町内会の方々は、「真面目だからね・・」と言った後で大笑い。

汗をかきながらニコニコして私の元へ近づいてくる娘。
言われたとおりにしてるよ、とでも言いたいのか、なぜかどこか誇らしげな表情にも見えてしまいます。

暑かったら脱いでいいんだよ。

女子会というものに、思うところいろいろ

女子会というものに、思うところいろいろ 先日TVで女子会を楽しむ人たちの特集をやっていたのですが内容に驚きました。
リムジンを貸し切りにして綺麗なドレスを着たり風船に囲まれたりとまるで夢のような空間の中ではしゃいでいて、普通のお酒を呑んで騒いで話に花を咲かせるような女子会とは一味違った雰囲気で、最近は面白いものもあるもんだねえと思いながら視聴していました。
取材を受けていた方の中にひたすら自撮りしつづける女性集団がいて、SNSにアップする写真のためだけにリムジン女子会をやったという色んな意味ですごい人もいました。
それにしても女子会という言葉が流行るようになってから飲食・サービス業界ではあの手この手を駆使しての女子会プランでお客さんを得ようと頑張っていますよね。
そのうち家族で旅行にでも行こうか~と宿泊プランをネットで見て回っていた時にも女性限定のお宿で女子会プラン、なんてものまであってそれはなんだか男性がちょっと差別されてるようで可哀想なのでは?と思っちゃいました。
普通の旅館でも女子会宿泊プランというのはすっかり珍しいものでもなくなりましたね。
アメニティにフェイスパックやコスメセットなどがオマケでついてくることが多く普段使わないブランドの化粧品を使ってみたい人にはうってつけではないでしょうか。
かくいう私も1度だけ縁あって女子会の体で友人たちと1泊旅行に行った際に女子会プランで泊まり、たっぷりと楽しませていただきました。
他の所がどうなのかは詳しく知らないのですが、チェックアウトの時間が12時とすごーくゆったり帰り支度ができたのが実は一番嬉しかったです。
女性はメイクなど支度に時間がかかるから、ということだったのでしょうか?通常は10時チェックアウトで朝食をいただいたらバタバタと用意に追われるので心底助かりました。
片づけとかその後のチェックインの都合もあり簡単ではないのでしょうが、チェックアウトが遅めという点は女子会に限らず採用してくれるところが増えてくれたらなあと思います。
女子会ばかりこの恩恵を受けるのはなんだか勿体ないような気分です。

hanaオーガニックの口コミって実際どう?

hanaオーガニックの口コミって実際どうなんだろうってことで、ちょっと調べてみました。
私自身は大好きなオーガニックコスメの一つなのですが、巷の意見はどうなのでしょうね??

◆hanaオーガニック良かったよという口コミ

さらっとした使い心地で、使いやすいスキンケアシリーズです。単品で使ってもいいけど、ライン使いするようになって、肌の調子がとてもいいです。
香りがとにかくいい!天然のローズを使っているだけで、こんなにいい香りなのかとビックリしました。
オーガニックにこだわってるだけあって成分も安心でき、効果も感じれる。言うことなしです!
代表の方も素敵な方で、その方自信がトラブル肌のため、気持ちを分かってもらえる会社だと感じました。もともと某無添加化粧品で働いてたという方で、しっかりと知識もあるので、商品に対しても安心できました。実際使ってみて、自分には悪くなかったので使い続けたい。
身も心も磨かれる感じです。

◆hanaオーガニックイマイチだったという口コミ

良くも悪くもなく、トラブルもなかったけど、効果を感じにくかった。
今自分が使っている化粧品よりもちょっと高めなので、もう少し安いと嬉しい。
私は匂いがある化粧品はあまり好きではないので、やっぱり合わなかった・・・・。

まあ賛否両論ですが、商品に対する悪い口コミはあまりなかったので、物自体はいいと思うんです。
あとは、感じ方や匂い、値段の問題くらいでしょうか。

どこに価値を置くかによって、感じ方はいろいろなので、いいなと少しでも気になってるなら是非試してみてくださいね♪

最近hanaオーガニックはリニューアルしてボトルデザインなどがかわったところなので、いろんなキャンペーンもしています。
この機会に試してみるのもいいかも。
送られてくるボックスや包装も女性らしくてセンスあるので楽しみですよ。

びっくりしました!ワンちゃんがこんなにお高いとは・・・

私たち夫婦はワンちゃんが大好きで、近くのショッピングモールのペットショップの前を通るときには、必ずその前で子犬を見ることが日課になっていました。
ワンちゃんの中でも、昔飼っていたパグが大好きなんです。いつかパグを飼いたいなぁ~とひそかに思っていました。そんなある日、ペットショップに、子犬のパグがいたのです!
私達は、「おお!パグがいる!」と大興奮して、スマホで写真を撮ろうとガサガサしていました。
すると店員さんがいち早く気が付いてくれて、抱っこしますか?と連れてきてくださいました。抱っこできるなんて思っていなかったので、ますます私たちは大興奮。
そのパグちゃんはまだ2か月の赤ちゃんで、フワフワで動きもあどけないく、とっても可愛かったです。抱っこすると私の服のボタンが気になるのかガシガシして、それがまた可愛い。
実は、私の親はパグを飼っています。それも3代目パグちゃん。今1歳です。
とても可愛いのですが大の暴れん坊で、噛むし吠えるし飛び跳ねるしで親は四苦八苦しています。この赤ちゃんパグはおとなしい~可愛い~。
頼んで写真をいっぱい撮らせてもらいました。この子だったら育てやすそうだし、飼ってもいいかな、と思いました。
ところが、値段を見てびっくり!
53万8000円もしたのです!パグってこんなにお高いのですね。いや、ペットってみなそれ位するものなのかな?
兎に角びっくりしました。これでは私たちの収入ではとても買えません。私たちはしょんぼりして帰りました。
帰ってから親に電話してこのことを話しました。
すると親もこの値段には仰天していました。「そんなに高いの!パグって高いんだね!」ということは、お店によって値段はまちまちということなんでしょうか?
まあ、頑張って買ったとしても、治療費やペットフード代等、ペットにはお金がかかりますよね。矢張り、我が家ではペットは無理そうです。
ここはおとなしくペットショップの前をぶらぶらすることで満足していようかなと思いました。

ラプカルムの効果が無かった人は何故なのでしょう

ひどい脇汗に悩まされていた人が使っただけで脇汗が気にならなくなったとして評判の高いラプカルムですが、中には使ってみたものの一向に効果を感じることができなかった…という人もいらっしゃいました。

ラプカルムの口コミを見ると、確かに効果を実感した人の口コミが多いのですが、ちらほらと効果が無かったと言うものも見かけられたのですが、何故効果を感じる人と感じない人がいるのでしょうか。

ラプカルムを使用することで、直後から効果を実感する方もいらっしゃいます。

しかしすぐに効果を感じられない方もいらっしゃいまして、人それぞれ違いがあるのです。

ラプカルムに配合されている成分の中に、使い始めてから5日目以降にならないと効果が発揮されない成分がありまして、5日目以降になると急に効果が出てくるケースが多いようです。

制汗剤というと使ったらすぐに効くようなイメージが強いためなのか、使ってみたけど効果が感じられなかったと言う人の多くが、即効性があると考えているからなのです。

使用してすぐに効いたという人もいるため、即効性があると勘違いしてしまうこともあるようです。
ラプカルムのことは前々から意識していました。

夏前には手に入れる予定だったのに、品薄が続いていて、なかなか最初の一ケースが届かなかった。

なのにお天気は意地悪で、退社する私は社屋の前に、雨宿りするあの人を見つけてしまったのです。

傘ないんだ…

そう思ったら体が勝手に動いてました。

傘、渡して逃げればいいと思ったのに、あの人は一緒に行こうと言います。

雨に蒸れてるし、やだなと思ったのに、足は一緒に歩いて行ってしまいます。

そして悟られた…

私の秘密。

デオドラントパットも汗取りインナーも、押さえきれない私の汗…

もう恋は終わりだと思って家に帰ると皮内にも、ラプカルムが家に届いていました。

もう嫌われたとは思ったけどせっかく買ったのだから使おう。

初めて手にとりました。

プルンプルンでぬるぬる‥というよりサラサラで、上手にやらないと塗る前に垂れて落ちてしまいます。

丁寧に塗って乾かしてドレスアップ。

はずかしいけどシャンとして…

と思ったら、駅でバッタリ!

公園までつれてこられてしまった。

同情のことば?

聞きたくないと思ったとき、彼は意外な話をしてくれました。

お姉さんもラプカルム使ってて、すごく効果をあげている。

僕は気にしないけど、あなたが気になるなら使ってみたらどうだろう。

こんな優しい人なんだ。

そう思ったら涙があとからあとから出て、会社用のメイクが台なしになりました。

自分で買ったことは言わないで、いただいたラプカルムをありがたく使っています。

腋臭緩和力もあり。

私は今とても幸せです。

私はついていけない最近のコンサートの楽しみ方

先日ある歌手のコンサートに誘われたので久々に見に行きました。
誘われた友人は一緒にいくはずだった相方が急にいけなくなったため代打参加でチケット代はおごってもらいました。
だって正直、お金払ってまで見たい歌手ではなかったもので。
まあそのアーチストの存在も楽曲も知っていたのでそれなりに楽しめるかなと思いましたが、実はコンサートとしてはあんまり楽しくなかったです。
1990年台が全盛期の男性アーチストだったので客層は思った通り40台のお姉さまがほとんどでした。
お客さんはイケイケ世代だったのかなと思われしき方々もちらほらいましたが全体的にどちらかと言うと「良きお母さん」といったいわゆる主婦層が多かったです。
そういえばこのアーチストはどっちかというとブラックソウルに影響を受けていてダンスミュージック系でイマイチ音楽性と客層がマッチしない感じはありました。
サポートミュージシャンの演奏はとても上手で迫力満点でカッコ良かったですし、ダンサーの二人もキレッキレのダンスで会場をわかせていました。
歌もうまく客と一体になって大変盛り上がっていました。
でも私はパフォーマンスについていけなかったのです。
それは最近たくさんのコンサートで客が一体となった振り付けをしだしたからです。
なにせライブ参加初でそんな「お約束」を知らないので何もできません。
いやいややろうと思えば振り付けは簡単なので遅れながらやれば十分出来る・・・のですがやる気になりません。
元々私はライブやスポーツ観戦などは非日常で突発的な現象がみたいのです。
お客に求める予定調和のコンサート参加は背中がムズムズして気持ち悪くてたまりません。
ですがそんな中楽しみを見つけました。
それは振り付けが出来ないお姉様を見つけたからです。
お友達と一緒に来ていたロングヘアーを少し茶髪にしてイケイケな感じのお姉さんで、大変盛り上がって楽しんでいらっしゃいました。
決まった振り付けのところで手を振ったりクラップを入れたりするのですが手のフリはことごとく逆から入りクラップは早く入ってズレズレでした。
なので私は楽曲を楽しみながらそのお姉さんがフリを間違えるのをこっそり楽しんでいました。

幻想的な絵と音楽の世界に浸りつつ・・・

絵とか音楽とか、感性に訴えかけたり、感性で捉えるものの持つ世界や力って本当にハッとするようなエネルギーがある。それをひと口に「凄い」と云ってしまうこともできるけど、凄いっていう単純な言葉以上の力がそこには働いていると、少なくとも私は感じている。
例えば今日、探そうと思ってじゃなくて偶然にもひょんなことから出逢ってしまった素敵な、引き込まれていくような音楽。ハープの音色で、睡眠用のBGMということも知らずただハープの調べに触れてみようかなという軽い気持ちでYouTubeリンクをクリックしたがために出逢った奇跡。思わずその吸い込まれるような幻想的な調べやそこに織り成される世界観に引き込まれ、そのBGMに合うような幻想的な絵はないかなとグーグル検索までもかけてみたほど・・・★
絵の世界は絵の世界で、そっち方面にもまた幻想的な世界をその人その人の感性で描く人たちがいるんだこれがまた。芸術万歳。。。。私にはこういう絵は逆立ちしたって描けないからひたすら尊敬する。私にはせいぜい素敵だなとかハッとするエネルギーがあるなとか、感動する心があるのがやっとだ。凄い凄いとただ感想を言うだけだったら私だってできる。それを自分の思うままに感じるままに表現するとなると、それはもう私には及ばないことだから尊敬するとしか言いようがない。こういう絵を描ける人たちってさぞ生きがいあるだろう。さぞ充実してることだろうと憶測しつつ、一度そんな絵を描いてみたいものだと自分の描く絵のレベルなど恥ずかしくなるほどだ。
現実世界にはありえないような風景画だったり空想動物のイメージ画だったり、心が浄化されるようなそういう幻想的な絵はある意味一種のパワースポットみたいな力が働いているんだろうなと感じる。今聴き入っているハープ音楽のBGMだったらそうだなあ、ファイナルファンタジーのゲーム音楽みたいな感じも孕みつつ、ちょうど、ぶっとくてどっしりした大樹の茂るような深~い森の中にでも抱かれているような感じがする。こうして改めてしみじみ聴き入ってみると、ハープの音色って思っている以上にズシーンと重たくてどっしりした落ち着きのある音色なんだなあ。それが森の大樹を連想させる感じがする。
音楽とイメージ画の相互から来るそれぞれの幻想世界が見事にかち合ったとき、今日も私を年齢も職業も一切超えたところにある自由の世界へ一瞬で連れていってくれる。現実世界に生きながらにしてそこに垣間見ることがわずかでもゆるされるふしぎな自由との接触をいつもどこかで求めて、意識するしないにかかわらず私は今日もイメージなり音楽なり私のハートに響くことに直結するものに触れ続けているのかもしれない。

婚活リップと呼ばれてるものを使ってみた

ネットの口コミなどで婚活リップとして有名なYSLをネットで購入してみました♪
アラサーですがいい歳して今まで口紅とかグロスとか使ったことなかったんです。
でも彼氏と別れて、自分磨きしよう!と思い、化粧品を変えていたついでに口紅か~と思い立ち購入しました( 笑 )
高校生の頃口紅をつけたとき、あまり着け心地がよくなくて、それ以来は色付きのリップくらいしか使ってなかったのですが、思っていたよりも着け心地良かったです。
値段も思ってたより安いし、何よりも可愛い。
……あ。色とかじゃなく、リップそのものが可愛かった(´?ω?`)?
持っていてテンション上がります。
それだけで結構満足です☆
でも色もオレンジ系で可愛すぎず、年代問わず使い易い色味なのかな~と感じました。
口コミでも読んでいたけど、匂いは確かに甘い匂いがします。
マンゴーの匂いらしいんだけど、後輩にはメロンの匂いがすると言われました!
まあ、結局は甘い匂いということですね。( 笑 )
私は好きな匂いです。
因みに、その後輩も買いました( 笑 )
その後輩は20歳なので、別の色にしてましたが( ・_・)
婚活効果必要ないらしいので。( 笑 )
……別に私も婚活のために買ったんじゃないですよ?( 笑 )
でも、冗談抜きで婚活関係なく、使えるし可愛いリップでした!
持ってるだけで女子力上がった気になれます♪
あまり派手な色じゃないので仕事中でもつけられるのが◎
しかもネットだと名前の刻印してくれるらしく……
いい歳して名前刻印で注文しちゃいました( 笑 )
年齢関係ないよね!こういうのは!!(´・_・`)
ちゃんとYSLの箱に入って届いたのでそれも嬉しかったです!

でも婚活リップと呼ばれているもの、いくつかありますよね。
そう!同じくらい口コミで婚活リップとして多かったのがエスティーローダーのリップ!!
すごく迷ったんですよね~。
まあ、今のところ婚活の効果はないけれど……。
そもそもまだ5回くらいしか使ってないけれど……。
婚活効果は期待せず、使っていきます(´?ω?`)?

結婚の記念に母が買い与えてくれた日傘。

結婚して6年になります。
結婚の時に母は色んな物を買ってくれました。
その中の一つに日傘があります。私が持っていた安っぽいのでは無く、しっかりUVカットの施された物でした、
大切にずっと愛用していました。
まだ使っているのを見て、母は新しい物買ったらどうなの?と言う位使い込んでいました。
破損してもそのまま使っていて、見かねて修理に出してもらった位です。
6年も使うと伸縮の出来る傘でしたが、そこが壊れてしまい伸びっぱなして縮む事が出来なくなりました。
結局伸ばして使うのでそのまま使っていました。
仕事で相手先の会社に出向く際に持参し、会社の下に立てかけていました。
たった30分程の用事でしたので戻ってくると置いていた傘が無いのです。
晴雨兼用の為、雨でも晴れでも持っていた日傘が無くなっているのでる。
母に結婚の記念で貰った傘が無いのです。
あまりの事に愕然としてしまいました。暫く近くを探したりしましたが見つかりません。
ほんの少しの出来事だっただけに残念です。
今までも何度も訪れた事のある会社です。普段なら会社のドアまで持って行くのですが、その日は何となく階段の下の手摺りに引っ掛けました。
初めての事でした。
普段と違う事はすべきでないなと思いました。
雨だったので誰かが差して行ったのだろうと思う事にします。

本当にそれは怖いものなのかと考えてみました。

怖いという思いや、面倒くさいという思いは、その行為に対してみずからを遠ざける働きがあると思います。例えば私は少し前までお墓参りだとか、仏壇に手を合わせるといった行為に「怖さ」を感じていました。子供のようにあからさまに怖いという気持ちではないのですが、やはり死者に関係する行為だから心の奥に恐れがあったのだと思います。
でも先に書いたように、その思いが行為を遠ざけるので、私はお墓参りも仏壇に手を合わせることも必要な時に最低限するだけでした。しかし「遠ざける」ということに気が付いてから、私は意識的にそれらの行為に恐れを感じるのをやめるようにしようと思いはじめました。怖いからといってそれらの行為を避けていては、なんだか本末転倒に陥っているような気がしたからです。
怖いものを怖く思わなくするのは最初はなかなか勇気がいるのですが、その考えで行動するクセを一旦つけてしまえば後は意外と平気でした。今では機会があればというか機会を作っては、遠ざけがちだったことに近づいていっています。近づいてみると怖いという思いは薄れて、親しみの感覚が芽生えてきます。親しみがわくと感謝の念もわいてきて、より一層深い充実感が得ることができます。年を重ねてくると若いときには気がつかなかったことに気がつくようになるものだなと思ったりする今日この頃です。